フルウィッグは落ちたり、ズレたりしないのか?

今のオシャレをグレードアップさせるためにフルウィッグを買いたいと考えていても、誰もが疑問に思ったり、不安を感じてしまうことがあります。

 

それは、「ウィッグって、風が吹いたら飛ばされちゃうの?」とか「動いたときに落ちちゃったりしないの?」、あるいは、「知らないうちにズレてたりなんかしない?」といったものです。

 

たしかに、誰かと会ったときに深くお辞儀をしたらポロッと落ちてしまったり、風が強いときに外れて、どこかへ飛んで行ってしまったりしたら、まるでお笑いのコントみたいになってしまいます。

 

周りの人は大爆笑、本人は恥ずかしさで顔が真っ赤! 穴があったら入りたい心境になるはずです。

 

でも、日常生活の中で、お辞儀をしたくらいでウィッグが外れて落ちちゃったり、風で飛ばされたりなんていうことはまずありません。

 

誰かがふざけて引っ張ったり、強く叩かれたりすると、ズルッとなってしまうことは考えられるかもしれませんが、そんなことはまずないでしょう。

 

よっぽど自然環境の厳しいところへでも行くのなら別としても、普通に生活しているだけなら、フルウィッグが落ちたり、ズレたりする心配はいりません。

 

そもそも、ウィッグを付けてアウトドアを楽しもうという人はいないでしょう。

 

フルウィッグの着用方法はヘアーネットを被った上から、ウィッグ内側のアジャスターを調節して自分の頭のサイズに合わせてから被ります。きちんとサイズが合っていて、深くしっかりと被っていれば、特に何もしなくても普通に生活してるいだけでズレたり落ちたりしません。

 

それでもズレたりして心配なときはピンなどで固定するとズレたりしません。

 

また、人によっては、ズレ防止にカチューシャをしている人もいます。それも、あくまでも念のためにすぎません。

 

そもそもウィッグを被る前のネットは、単に髪をまとめるだけではなく、ウィッグ内側の素材とのフィット感を高める素材が使われているので、ズレ防止効果があります。メーカーが異なると、相性の度合いに違いが出てくる可能性がありますが、大きな違いはありません。

 

それから風については、よく考えてみてください。たとえば、キャップタイプの帽子を被っているときに強い風が吹いたりすると飛ばされてしまうことがあります。これは、キャップのツバの部分で風を受けてしまい、そこから外れてしまうわけです。そのほかのタイプの帽子でも、ツバがあるもの、特に大きなツバがついた帽子は、その分、風をモロに受けて飛ばされやすいわけです。

 

でも、ウィッグにはツバなんかついていません。風が吹いたとしても、髪が大きく乱れる程度でしょう。そのときに、生え際が見えてしまって、ウィッグを付けていることが他の人にわかってしまうことはあるかもしれません。

 

でも、ウィッグそのものが風の抵抗をモロに受けることはないので、外れて飛ばされるなんてことはまずありえないわけです。
それが心配な方はリネアストリアチャテなど人工頭皮を使用しているウィッグを購入するようにしましょう。
どうしても心配なときは、髪の乱れを気にしているようにして、さりげなく頭に手を当てて押さえればまったく問題ありません。

 

 

 

人工頭皮のフルウィッグ