フルウィッグが絡まった場合の対処方法(解く方法)

ウィッグの悩みで一番多いのは絡んでしまうことでしょう。特にロングやカールのウィッグは絡みやすく、手入れが大変です。

 

最近のウィッグは絡まりにくい素材でできているとはいえ、それでもやっぱり絡まってしまうことがあるのは事実です。

 

ウィッグが絡まってしまったときは、絶対に無理にほどかないというのが基本です。

 

ウィッグの絡みを取るには、まずウィッグ専用のブラシを使用してブラッシングをして、ある程度の絡みやホコリを取ります。毛先からウィッグ用のブラシでとかしていきます。

 

このとき、ウィッグ専用のシリコンスプレーがあると、よりブラシの通りが滑らかになり、負担をかけずに済みます。

 

必ず毛先からブラッシングしましょう。頭頂部からブラッシングすると余計に絡まってしまいます。

 

毛先からとかしていき、徐々に上のほうもとかしていきます。

 

ある程度、絡みが取れたら、洗面器などに水かぬるま湯を入れ、シャンプーを適量加え、泡立てた後にウィッグを2〜3分浸してから、優しく押し洗いし、水を替えて押しすすぎします。汚れがひどい場合は、2度洗いするといいでしょう。

 

シャンプーが済んだら次はリンスです。ウィッグを十分にすすいだ後、リンスを溶かした水かぬるま湯に2〜3分浸します。リンス後のすすぎは必要ありません。

 

人毛ウィッグの場合は普通のシャンプーとリンスですが、合成繊維の場合は、専用のシャンプーとリンスを使用しましょう。

 

シャンプー・リンスが済んだら、タオルなどで包みながら軽く叩くようにして水分を取り、再度ブラッシングした後、日の当らない場所に寝かせた状態で自然乾燥させます。

 

ドライヤーを使用したり、暖房器具のそばでの乾燥は避け、あくまでも自然に乾くのを待ちます。

 

あまり熱すぎない温度であれば、人毛や耐熱タイプの合成繊維はドライヤーを利用してもOKですが、熱風よりも冷風がベストです。

 

ドライヤーの使用に関しては、必ずそれぞれの商品の説明書や注意事項を確認してからにしましょう。

 

ハンガーなどにぶら下げて乾かす人がいるようですが、こうすると水の重みでカールが取れてしまう場合があるので、必ず寝かせた状態にしましょう。

 

十分に乾いたら、カーテンレールなどにS字フックを引っかけ、そこにウィッグを吊るします。ウィッグの前髪のネット部分をフックに引っかければ簡単に固定することができます。

 

この状態で、再度、毛先から軽くブラッシングします。

 

こうすれば、よほどひどい絡みでなければ、たいていはきれいに取れるものです。

 

さらに、仕上げとしてアイロンで毛をストレートに伸ばしたり、ウィッグを柔軟剤に浸けるといった方法もあります。ぬるま湯に柔軟剤を入れてウィッグを30分程度浸し、乾かすだけでサラサラになります。

 

どんな方法であれ、結構、手間がかかって大変なものです。一番良いのは、日頃から絡まないようにしておくことです。

 

絡まりや静電気を抑えるウィッグ用オイルスプレーが販売されているので、こまめに手入れをするのが理想的です。

 

 

 

←フルウィッグ通販 TOPへ戻る