通販では注意したい!ウィッグのカラー選びのコツ

ウィッグを選ぶ際には、デザインや髪の長さのほか、「カラー」も重要な要素になります。

 

しかし、最近は実店舗で現物を直接確認したうえで購入するのではなく、ネット通販を利用するのが主流となっています。

 

たしかに、自宅に居ながらにしてどんな商品も簡単に購入できるのは便利ですが、現物を確かめられないというのは大きなデメリットです。

 

特に、ウィッグの「カラー」は商品写真の撮影状況やパソコン環境によってかなり違った感じに見えてしまいがちです。

 

そのため、パソコン画面で見て「可愛い!」「ステキ!」と思って購入したものの、実際に商品が届いて、箱を開けてガッカリすることもあります。

 

ネット通販を利用していろんなものを購入したことがある人なら、こんな経験、一度や二度はあるのではないでしょうか?

 

ウィッグのカラーの失敗では、「思ったより明るすぎた」というケースがもっとも多いようです。

 

想像していたより地味(暗め)だったら、我慢して使えないこともありませんが、思っていたより明るいカラーのウィッグというのは、派手に感じられて、つけて外出するのは抵抗があるものです。

 

もちろん、そんなときは返品や交換をすることもできなくはありませんが、商品に不備があった場合や、間違った商品が届いた場合は別として、「思ったのと違う」とか「想像したのと違った」といった「お客様都合の返品・交換」は、たいていショップから「お断り」されてしまいます。

 

良心的なショップなら交換してくれるところもありますが、その場合でも返送料を負担しなければならないうえに、余計な時間がかかってしまいます。

 

しかも、商品を交換するにしても、「また失敗したら…」という不安も拭いきれません。

 

では、ウィッグのカラーで失敗しないためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

 

商品写真は現物より明るく写っている

 

ネット通販でウィッグを購入する場合、正確なカラーや微妙な色味は、個々のパソコンによって感じがかなり違って見えるので、実際の色味を見極めるのは非常に困難です。

 

しかし、一定の知識があれば、ある程度の判断はできます。

 

たとえば、モデルがウィッグを被った商品写真は、照明の多い専用のスタジオか、天気の良い日に屋外で撮影しているので、現物の色より明るく写っているのが一般的です。

 

もし、そのカラーが気に入って購入したら、思ったより暗めのウィッグが届くことになります。

 

そのため、希望のカラーのウィッグを確実に選ぶなら、その希望よりワントーン明るめに写っている商品を選ぶのがポイントです。

 

こうすれば、カラーで失敗する確率をグンと減らすことができ、後悔せずに済みます。

 

カラーとツヤの関係も重要

 

安価なウィッグのなかには、不自然なツヤ(テカリ)があるものが少なくありません。

 

ウィッグをつけていることが他人にバレてしまうことがあるのは、このテカリが大きく影響しています。

 

そして、カラーとツヤは密接な関係にあります。

 

たとえば、明るいカラーほどテカリが目立ちやすく、落ち着いたカラーはテカリがあったとしても、比較的、自然な感じに見えます。

 

また、ストレートヘアとウェーブヘアを比べた場合は、どちらかというとウェーブヘアのほうがテカリが目立ちません。

 

メーカーによっては、こうしたウィッグにありがちなテカリをなくし、自然な輝き(ツヤ)を実現しているところがあります。

 

そのようなメーカーでは、商品説明のところに「マット」(ツヤなし)などと表記しています。

 

また、「自然なツヤ」といったフレーズを使って、違和感が少ないことをアピールしているところも安心して購入することができるでしょう。

 

現物を確認できないネット通販でウィッグを購入するときは、こうしたカラーやツヤに関する点もしっかりチェックするようにしましょう。

 

ウィッグ通販人気ランキング