フルウィッグの被り方とコツ

ウィッグって付けるのが面倒で大変そうと思われがちですが、実はとても簡単です。一度、覚えてしまえば、あとはササッとできてしまいます。

 

ただ、ショートヘアの人ロングヘアの人とでは、もともとの髪の量が異なるので、途中でちょっと付け方に違いがありますので、そこに注意して以下の手順をお読みください。

 

@ウィッグのサイズを調整する
ウィッグを付ける作業に入る前に、まずウィッグのサイズを調整します。これは、ショート・ロングに関係なく、同じ手順で行ないます。

 

ウィッグ内側の後ろには、アジャスターが付いているので、自分の頭の大きさに合わせてサイズを調整します。何度かウィッグを被ってみて、ちょうど良いサイズに合わせましょう。

 

アジャスターは、ウィッグメーカーによって「フックタイプ」と「ベルトタイプ」の2つがあります。

 

「フックタイプ」のアジャスターの場合、ウィッグのサイズを大きくするときは、アジャスターのフックを外側に引っ掛けるか、あるいは外して使います。 逆に、ウィッグのサイズを小さくするときは、アジャスターのフックを内側に引っ掛けます。

 

「ベルトタイプ」のアジャスターの場合は、ベルトについている金具を使ってウィッグのサイズを調節します。

 

ここまでは、ショートもロングも同じですが、次の『専用ネットを被る』から少し違ってきます。

 

A専用ネットを被る
ウィッグを被る前に専用ネットを被ります。ネットを使うことによって、ウィッグが被りやすくなり、ウィッグのズレも軽減できます。メーカーによっては、ウィッグとセットになっている場合もあります。

 

ショートヘアの人の場合のネットの被り方は、まずネットを頭から被って首まで下ろします。このとき、ネットのゴムの太い方を下にして被ります。

 

そして、ネットをヘアバンドのように髪の生え際まで上げます。ゴムの太いほうが生え際にくるように上げます。

 

ネットから外にはみ出している髪をネットの中に入れて、ピンで止めます。このとき、頭の形に添って丸く、平らになるようにしましょう。

 

ネットを被ったら、いよいよウィッグを被ります。ウィッグは事前にブラッシングをしておくといいでしょう。

 

ウィッグの前髪の部分をおでこの生え際に合わせて、ニット帽を被るように頭をスッポリとはめ込みます。

 

生え際を押さえて、後ろからグッと引っ張ると深く被ることができます。また、ウィッグの左右に三角の出っ張りのような部分があるので、そこをつかんで耳の前、こめかみの辺りに合わせて、深く被ります。

 

ロングヘアの人の場合は、ネットを被る前にポニーテールを作ります。時々、お団子を作ってしまう人がいるようですが、こうすると横から見たときに盛り上がってしまいますし、ウィッグが浮いて見えるので不自然になってしまいます。そんなときは帽子でカバーすることができますが、ポニーテールにしておけば、そんな心配はいりません。

 

ポニーテールは、この段階できれいに上げなくても大丈夫です。

 

次に、ショートのときと同じように、ネットを頭から被って首まで下ろします。ネットのゴムの太いほうを下にして被ることを忘れないでください。

 

ネットをヘアバンドのように髪の生え際まで上げて、髪をまとめていたゴムを外します。ネットはゴムの太いほうが生え際にくるように上げます。

 

ネットから外に出ている髪をネットの中に入れて、ピンで止めます。頭の形に添って丸く、平らにするのがポイントです。

 

あとは、ショートヘアのときとまったく同じ手順です。

 

ウィッグを被ったら、ブラシや手ぐしでスタイルを整えます。ブラッシングの際は、ウィッグがズレないように優しくブラッシングしましょう。ワックスなどで好みのスタイルに整えるのもいいでしょう。

 

 

ロングヘアの方はこちらも参考になるかと思います。
→フルウィッグの被り方 ロングへア編。

 

 

←フルウィッグ通販 TOPへ戻る