地毛で簡単にできる上品なハーフアップ!

オシャレに敏感な女の子たちのあいだで人気のヘアスタイルの中でも王道といえるのが、ロングヘアを活かしたハーフアップです。

 

簡単なのに愛らしいヘアアレンジができ、ヘアアクセサリーやファッションによって、様々なシーンに合わせやすい万能ヘアアレンジです。

 

ストレートの人は、少し毛先を巻いただけで、よりエレガントな雰囲気に仕上げることもできます。

 

地毛で簡単にできる上品なハーフアップ方法

まず、地毛で簡単にできる上品なハーフアップを作る方法をご紹介しましょう。

 

用意するもの

  • クシ
  • ヘアゴム
  • ヘアピン
  • スプレー(またはワックスなど)

以上を用意しておきます。

 

@ まず、髪をブロッキングするところから始めます。

 

左右の耳の上から、前と後ろの髪に分け、前の髪を後ろの真ん中より少し上あたりでヘアゴムで結びます。ここで、髪のまとまりが気になるときは、用意しておいたヘアワックスなどを使うといいでしょう。

 

ハーフアップでは、仕上がりが正面から見たときに、こんもりしている部分が見えると可愛いので、髪を結ぶ位置に気をつけましょう。

 

毛量が多い人は、こんもりが大きくなりすぎるとバランスが悪くなるので、あまり多めに取らないで、軽く取るといいでしょう。何度か試してみて、ちょうどいい量を自分で見つけてください。

 

A 次に、毛先を巻いて、結んだところから中へ入れる作業に入ります。

 

束ねた髪を、毛先から指にクルクルと巻きつけ、それをそのまま結び目のゴムの下をくぐり、頭上の髪の中へグッと入れます。

 

これで、頭に丘ができたような形になります。このとき、中に入れた毛が外に出てこないようにしっかりと押し込みましょう。

 

B 続いて、ゴムの下をピンで止めます。

 

中に押し込んだ毛を押さえた状態で、ゴムの部分も中に入れてピンで止めます。毛量が多い人は、ピンを何本か使ってしっかり固定しましょう。

 

C 最後は、丘の形を整えます。

 

高さやボリューム感を出したいときは、指で軽く髪をつまんだり、クシの持ち手の細長い部分を使ったりして形を整えましょう。

 

仕上げは、必要に応じてヘアースプレーをかけ、きっちりしたいときは、クシでなでつけると完璧です。

 

ハーフアップの作り方にはいくつかの方法があり、コームを使った方法などいろいろありますが、たぶん、この方法が一番簡単ではないでしょうか。

 

手元にあるものだけで作れるので、他に道具などを購入する必要もありません。

 

簡単だけど、しっかり仕上がり、しかも、とっても上品な印象になります。

 

忙しくて時間がないときでも、ササッと作れるのでオススメです。

 

また、ピンで止めた部分にお好みでヘアアクセサリーなどをつけてアクセントをつけると、より個性的なオシャレを楽しめます。

 

もちろん、下に残した髪は、ヘアアイロンなどで巻けば、ゴージャス感が出て、大人っぽい印象になります。

 

というわけで、地毛で簡単にできるハーフアップの作り方を紹介しましたが、これって別に地毛じゃなくたっていいわけです。

 

地毛が、ハーフアップを作れるほどの長さがないけど、たまにはイメチェンしたいという人は、スタイルが出来上がったハーフアップウィッグを装着するという方法もあります。

 

種類も豊富なので、いろいろ使い分けてみるのも楽しいでしょう。

 

でも、一番、オススメしたいのは、ロングのフルウィッグをひとつ持っておくということです。

 

ロングなら、地毛がどんな長さの人でも違和感なく使えて、しかも使い勝手もいいので、いろんなアレンジができて、様々なシーンで使い回しがききます。

 

もちろん、ハーフアップもご紹介した方法で簡単に作ることができます。

 

みなさんも、ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

 

 

←フルウィッグ通販 TOPへ戻る